読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

【何かのモノサシを決めて動いてみる】

おはようございます。
 
まだまだお客様との付き合い方で、見直しをしたり
強化しなくてはいけないことが、たくさんあります。
 
まあ、今までよくぞこんな状態でやってきたものだ
と、我ながら呆れ返りますが(笑)
 
どんなに経営の勉強をしても、それが学問や知識で
留まっているものは、何も学習していないのと同じ
ですね。
 
人のことはよく見えるのに、自分のこととなると。
・・・
これではいけない。早急に手を打ちます(笑)
 
さて、今日は、「お客様とのお付き合いを振り返る」
2つめの入り口について。
 
あらゆる事態に対応するのは無理でも、
「こういう時は、何をする」みたいなモノサシ的な
判断基準を決めておくと、
 
何かあった時や迷った時などに、そこを起点にして
(必要な時は立ち返って)仮説を組み立てたり修正
することがとてもやり易くなりますね。
 
その意味で、1つの方法ですが、
お客様の心理状態(自社への信頼感や期待感)を
測るモノサシを使って、
 
それで推測したお客様の期待感に合わせ、計画的
な販促アプローチをやってみようという話を、
本日のブログ「社長のIT秘書」にまとめました。