読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

【Googleの2段階認証】注意が必要!

Googleの2段階認証】

【1】まずはやってみた。

おはようございます。

前回の投稿から、えらく間を開けてしまいました。
我ながら、情報発信の計画性の無さに、反省することしきりです。


さて、今回はGoogleの2段階認証のお話です。

最近、Googleアカウント(Gmailアドレス)の流出の話題が
があちらこちらで報道されるので、

大切なアカウントを盗まれたらたまらんと思って、
Googleの2段階認証にトライしてみました。

Googleアカウント(Gmailアドレス)の2段階認証は、
携帯電話またはSMS (ショートメッセージ)のアドレスがあれば、
すぐに終わります。

バックアップ用のコードまで保管しておけば、
万が一携帯電話を紛失した時でも対応できます。

ところが問題は、ここから先でした。
実は、大きな問題に2つぶつかりました。

【2】各アプリごとにパスワード設定が必要

2段階認証した所、それまでApple端末やAndoid端末で使っていた
メールシステムが、一斉に未接続状態に!げっ!

実は、Gmailと連動している各アプリは、
それまでのパスワードを使う事ができません。
各アプリごとにユニークなパスワードを再設定しなくてはならないらしい。

Apple端末やAndoid端末で使うアプリには、
多くのものがGmailと連動していますし、

僕の手元にはApple端末やAndoid端末が総勢で7台もあるので、
実質的にものすごい作業になってしまうことが判明。

【3】Andorid端末は注意が必要?

アプリごとのパスワード設定などすぐには着手できないので、
時期を検討するために、
いったん2段階認証のプロセスをストップ(保留)したところ、・・・

う、Android端末(Motolora Xoom Android4.0.1)で同期が取れなくなった!

Gmail、カレンダー、連絡帳など、
マイアカウントと連動しているもの全てがストップしたではありませんか!
Apple端末はちゃんと同期取れているのに何で?

Googleのページから認証し直してもNGです。これには参りました。

奥の手ですが、いったんGoogleアカウントを削除して再度登録したら、
今度はちゃんと同期が取れました。


【4】結論

という訳で、進むにも、もとに戻るにも
大変な作業が必要になることがわかりました。

安全対策上、優れたシステムであることはわかるけれど、
コンピュータにあまり詳しくない人には、
何が起きたのか多分判別できないと思います。

精神衛生上、負担が大きくよろしくありません(笑)

マメにパスワードを変更するなど、
2段階認証を使わないで済む安全対策を考えた方が良さそうです。