読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

【注目!iPadに動画の素材を取り込むアプリ】

iPadに動画の素材を取り込むアプリ】

8/17の【パソコンの素材を取り込んでiMovieで編集する!】で
少しご紹介しましたが、

パソコン上で、インターネットで集めたBGMや動画の素材を
iPadに取り込む際に使っているアプリの概要を
ご紹介させていただきます。

これらのアプリを使いこなすと、
iMovieを使ったムービー制作の幅が
一気に広がります。

■1.音声データ形式変換アプリ

音声データの形式を変換することが目的です。

iPadで取り込みができるは音声データは
.wavという拡張子がついたファイル形式ですが、

インターネット上で提供されている
著作権フリーの音楽素材の多くは
.mp3その他の形式になっていることが多く、
このままではiPadへの取り込みができません。

そこで、このデータの形式を.wav形式に変換する際に
音声データ形式変換アプリを使います。

僕は、シェアウェアで3,000円弱で入手できるものを
使っています。

■2.音声データ編集アプリ

.wav形式に変換した音声データから、
任意の部分を切り出して使ったり、

終了部分にフェードアウトの効果を入れたり、
音質の調整などを行うことが目的です。

iPadiMovieにはきめ細かいBGMの編集機能はないので、
制作したムービーの長さに合わせて、

使用するBGMの長さを調整して、
フェードアウトをかけたりする時に使います。

こんな素晴らしい機能を持ったアプリなんですが
なんと無償で手に入るものがあります。

■3.動画形式変換アプリ

例えば、WindowsPCの動画編集アプリで作った作品を
iPadへ取り込んでムービーアプリで見せたいと思ったり、
ビデオカメラで撮影した動画素材を取り込もうとしても、

iPadにムービーデータとして取り込めるデータの形式は
.mp4および.movという形式で、
しかもiPad,iPhone向けの特殊な形式になっています。

そのままのデータ形式ではiPadへ取り込めないので、
動画データの形式を変換してやる必要があります。

このアプリは、iPad,iPhone用に
動画形式の変換を行うためのものです。

僕はシェアウェアで4,000円弱で入手するものを使っています。

以上、これらの3つのアプリを使うことで、
iMovieを使ったムービー制作の幅が一気に広がります。

各アプリの名称や具体的な使い方は
iPad超速マスター/ムービー制作」で
詳細に解説していますので是非ご覧ください。

⇒Amazonの「超速ムービー制作」のカスタマレビューはここから

⇒Amazonの「超速ムービー制作」の申し込みはここから