読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

【レンタルスタジオを使ったムービー制作】

【レンタルスタジオを使ったムービー制作】

以下は、あくまでも僕の直感による意見です。

■1.ムービー制作用レンタルスタジオ

映像のビジネスの世界では大きな変化が起こっているようです。

本格的なムービー制作にも、その気になりさえすれば
誰でも参入できるようになって来ました。

例えば、プロのデザイナーが所有するような
本格的なスタジオや機材やセットをレンタルで提供し
配信までをサポートしてくれる事業者が現れました。

こういうセットを利用すれば、
放送事業者でなければ作れなかったような映像コンテンツを

目的に合わせたクォリティで、自社の技術とスタッフを使って、
制作することができますね。

映像コンテンツや配信などのビジネスが
我々の身近な所にまでやってきているということだと思います。

■2.以外と割高になるコスト

ただ、セットや機材が使えると言っても、
レンタル料はそんなに安価ではないようです。

ちょっと調べた所では1時間5万円くらいでした。
もちろんこれはレンタル料であって、

撮影に使うキャストやアナウンサーなどの人件費や
コンテンツの配信コストは別に必要です。

作品の構成をよ〜く考えて、
撮影シーンのカット数やナレーションの吹き込み時間などを工夫しないと
すごいコストになる恐れもあるので、

最終的には、やはりプロの手を借りる必要があるかも知れません。

なので誰でも手軽に利用できるというよりは、
映像を制作した経験のある会社が、
自作コンテンツでのビジネスに挑戦する際に使う手段
そう考えていた方が良いかも知れません。

もう少し、様子を見ながら
現実的なコストで制作できる時期が来るのを待ちたいと思います。


■3.中小の事業者の選択手段

中小の事業者や組織では、
とてもこのような設備は手軽には使えないと思うので

自分達で作ることができる映像コンテンツは
日常の材料を活用して、
iMovieやパソコンの入門的な動画編集ソフトを使って
作ってしまうのも1つの方法です。

このような活動を日常行っていると
ムービーのメッセージをより高めるスキルが高まります。

本格的なムービーを本格的なセットで作ったり、
プロに依頼して作ってもらう場合でも、

自分達がアピールしたいメッセージをより明確にできるので、
トータルの制作時間は短縮できるし、

デザイナーも技術的なことに集中できるので、
作品のクォリティも高まることになります。

せっかくiMovieなどという格好の手段があるので、
是非映像のトレーニングなどをしてみてはいかかでしょうか?

iPad超速マスター/ムービー制作」を使うと、
ビジネスの世界でiMovieを使うための基本的な技術を
20分という短時間でマスターすることができます。

以下のページに「iPad超速マスター/ムービー制作」を使った
利用者のカスタマレポートが掲載されていますので、
是非参考にしてください。

⇒Amazonの「超速ムービー制作」のカスタマレビューはここから

⇒Amazonの「超速ムービー制作」の申し込みはここから