読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

【パソコンの素材をiMovieで編集する!】

【パソコンの素材を取り込んでiMovieで編集する!】

■1.ムービー制作の素材集めのコツ

iMovieを使ってビジネス向けにムービーを作って行くと、
そのうち、いろいろな素材を使いたくなります。

例えば

1)パソコンで制作したPDF文書
2)パソコンの動画アプリで制作した作品
3)一般のビデオカメラで撮影した動画素材
4)知人がiMovieで制作した作品
5)インターネットで入手したBGM
6)ICレコーダーで録音した音声

などなど、他にもたくさん。

ムービーを制作する時は、「変化を演出する」ための素材として、
より、いろんな素材を組み合わせるとインパクトが出ます。

iMovieは、iPadなどの端末で撮影した動画や写真、
オリジナルで用意されているBGMなどを使うことで
簡単にムービーが作れることがウリなんですが、

実は、(1)〜(6)のデータをiPadに取り込みさえすれば
パソコンで制作したものであっても、
iMovieの素材として簡単に利用することができるんです。

皆さんも是非、挑戦してみてください!


■2.パソコンの素材を取り込んで作った作品

パソコンの動画編集アプリ程ではないにしても、
iMovieの手軽な編集機能を使えば、
いろいろな素材を使って手軽にムービーが作れるので

映像の専門知識のない人にとっては
iMovieは大変に素晴らしいアプリだと思います。

パソコンで加工した素材をiPadに取り込んで
iMovieで作った作品を1つご紹介します。

5分程度でサクサクっと作ったものです。

⇒パソコンの素材を使ってiMovieで作った作品はこちらから

素材さえ、ちゃんと準備できれば、
このレベルのムービーなら、誰でも簡単に作れてしまいます!


■3.パソコンからの取り込み方が一目瞭然でわかる

ただ、パソコンからiPadへの素材の「取り込み」については、
動画や音声ファイル形式などに関する専門知識が少し必要です。

これを勉強して、自分でiPadへの取り込み方を見つけるのは
実を言うと、かなりの時間がかかります。
というか、相当に面倒くさくて、根性が必要です(笑)

大凡の人は、諦めてしまうんじゃないかと思います(笑)

そこで、先日からご案内している「超速ムービー制作」を
お使いいただきたくご案内します。

「超速ムービー制作」では、
パソコンで加工した動画素材のiPadへの取り込み方、
パソコンでの音声素材の編集法やiPadへの取り込み方などを、

「運用編」のDVDの動画でわかりやすく解説しています。
(20分で確実にマスターできます)

よりクォリティの高いムービーを短時間で作りたい方、
是非参考にしてください。

⇒Amazonの「超速ムービー制作」のカスタマレビューはここから

⇒Amazonの「超速ムービー制作」の申し込みはここから

⇒「iPad超速マスター/ムービー制作」はこちらから