読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

「機密管理のマインドを高める方法」紹介します

createval2010-01-20

3ヶ月ぶりの投稿です。


いろいろ迷うことがあったり、殺人的に多忙な状態になったりで、
少々ご無沙汰していました。


新しい打ち出しをしようと思います。
とは言っても、世の中にこれまであったことがらを、
今までとは違った見方、捉えかたをすることで、
全く別の価値を生み出していこうという活動です。


結論から書きますと、2月20日より新サービスを始めます。
「機密管理マインドBLD(ビルダー)」というサイトの運営です。


                                                                                                                                      • -

1.はじめに

                                                                                                                                      • -


これまでも情報セキュリティや個人情報保護活動のあり方に対して、
いろいろ問題提起をしてきました。


どう考えても「やっぱり変」だと思うのです。
一体、誰のための活動なのだろうと思ってしまうのです。


どうやら理論にもとづいて「情報管理のあるべき姿」を組上げる手法が、
日本の企業風土に合っていないんじゃないか?


ISMSやPMSの要求仕様をいくら忠実に実行しようとしても、
それがお客様や従業員の幸せという視点を欠いてしまっていたら、
会社の活力をどんどん弱めてしまうだけではないかと。


会社はいったい何のために莫大な投資を続けているのか?


こんなことで悩んでいる内に、
あるお客様の機密管理活動のお手伝いをすることがあって、
1万数千人の現場担当者の意識調査アンケートを行ないました。


その意見を集約して、あらためて大切な確証を得ることができました。
●現場の担当者達は、実際にどのようなこと困っているのか
●職場を活性化し機密管理を進める上で、何をカギと考えているのか


そして、これらの意見は、私のそれまでの支援活動を通じて、
漠然と感じていた仮説を立証してくれるものだったのです。


つまり現場の悩みや、実践されたアイデアや、成功体験などから、
1つの解決の方向性を仮説として編み出すことができたのです。


こうして出来上がったのが「機密管理マインドBLD(ビルダー)」です。

                                                                                                                                      • -

2.サービスの特徴

                                                                                                                                      • -


このサービスは「ヒューマンエラーによる機密漏えい」を防止するための
「現場担当者のマインド強化」に特化したサービスです。


JIS基準やISOなどの理論的背景で「あるべき論」を語るのは、
機密管理の最前線で管理活動をする現場担当者にとっては酷な話です。


「専門的でわかりにくい」、「忙しくて時間が取れない」など、
ただでさえ多忙な状況の中で、業績評価と直接関係の薄い管理作業に、
構っているヒマはないと。


「とりあえず指示されたことだけはやる」というのが
多くの現場の実態のようです。


これではダメです。
形骸化した活動ではリスクから情報を守ることはできません。
現場の負担にならずに実践できる方法が必要です。


そこで、「機密管理マインドBLD(ビルダー)」では、
機密管理の現場で活躍している様々な会社・組織の、
現場担当者17,000人の意見から、
彼等が実践したアイデアや成功体験を事例として取上げて、
現場でも簡単に取組める方法をアドバイスすることにしました。


現場で取組みやすさに重点をおいているので、
大企業のみならず中堅・中小企業でも実践しやすいものであり、
機密管理マインドの構築の上で強力なツールとなります。


これまでの管理部門からの上位下達的な指導ではなく、
他社の現場担当者が実践してきた事例から学ぶためのツールです。

                                                                                                                                      • -

3.わかりやすさと取組みやすさを工夫

                                                                                                                                      • -


手順書やマニュアルなどでは、
「読む気が起きない」とか「難しい」と感じる現場担当者が多いはず。


そこで、2人の架空の登場人物のコミカルな対談を通じて、
重要なポイントをわかりやすく解説することにしました。


専門家やコンサルタントなどの指導がなくとも
自発的に職場学習を進められることが特徴です。


e―ラーニングという個人学習や、
集合教育(研修)という「教えられる」学習ではなく、


それらを補完して、
職場のメンバーによる話し合いで相互啓発を進める、
新しいタイプの職場学習ツールです。


毎月1回、1時間程度のグループ・ミーティングを
半年ほど続けると、


機密管理活動への理解が格段に深まり、
自発的に行動する習慣が自然と身に付くように作られています。

                                                                                                                                      • -

4.悩みに合わせた4種類の学習ツール

                                                                                                                                      • -


現場で起こりがちな悩みがテーマとして収録してあって、
この中から自分たちの状況に近いものを選択し、


4種類の学習ツールを使って、
自分たちに合った方法で学習を進めることができます。


(1)徹底マスターQ&A集
現場の悩みを解決するアドバイスを収録したQ&A集


(2)簡単リスクアセスメント
専門知識がなくとも直感的にリスクがつかめるリスク分析のノウハウ集


(3)実践ケーススタディ
情報漏洩事例を活用し、職場のぜい弱なポイントを探すケーススタディ


(4)理解度確認ミニテスト
機密管理の理解度チェックと話し合いで相互啓発を図るためのミニテスト集


収録された各テーマには、
グループ学習のポイントが逐一示されていて、
これを使って職場の話し合いを効果的に進められます。

                                                                                                                                      • -

5.詳しくは紹介サイトまで

                                                                                                                                      • -


「機密管理マインドBLD(ビルダー)」の紹介と、
関心を持っていただいた方の評価のために、
デモ用のサイトを用意しています。


http://www.createval.com/secure.html


2月20日からサービスを開始しますが、
現在、予約申し込みを受け付けており、


予約期間に申し込みをしていただいたお客様には、
特典を用意しています。(30日間の利用期間延長!)


どうぞ「機密管理マインドBLD(ビルダー)」のサイトを
ご覧ください。


http://www.createval.com/secure.html


クリエイトバリュー