読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイトバリュー中村宏      「弱者の情報戦略」

竹田ランチェスター経営「弱者の戦略」を実践するための「弱者の情報戦略」を考察します

チェンジ・マネジメントを加速させる!

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


新年を迎えましたが、わが国の経済状況はいよいよ厳しさを増しています。
ですが、むやみやたらと勝算のない戦術を繰り返して疲弊したり、
現状を嘆きながらも打つ手なく、ただ沈黙することは得策ではありません。


今こそ現状を正面から見据え、あらゆる情報を集め分析し、
頭脳をフルパワーで駆使して、次の時代に向け進むべき道を模索し
人と組織を鍛え、来るべきチャンスに向けて備える時期だと思います。


今回は自分への叱咤激励をかね、本年の初投稿とさせていただきます。


1.チェンジ・マネジメントの加速

前回「個人の自己実現と組織貢献のマッチング」について述べました。
「個人の成長」の結果を「組織目標の実現」に活かせる組織こそが、
次世代では生き残りにつながる競争力を持つ会社になると思うからです。


それを下支えするものとして、もう1つ私が大切している価値観があります。
それは「チェンジ・マネジメントを加速させる」ことです。


1人1人の社員が「価値づくり」に向かって自発的にコラボレーション(協働)し、
「振り返り」(PDCA)によって自らの行動を正すことができる、
この行動を組織に根付かせるというものです。


このために日常で実践したい3つの基本行動があります。難しくはありません。
それは「関心」を持ち、「学び」、そして「教える」という行動です。


1)「関心を持つ」とは、日常で身近な関係者の行動や言動に感心を持つということ、
2)「学ぶ」とは、仮説を立て行動を通じて検証し、自ら気付きを得ること、
3)「教える」とは人を感動させて気持ちを前に向かせ行動させること

この3つの基本行動を徹底して実践すれば、
必ずコラボレーションに向かって個人と組織に変化が現れます。


尚、変化を正しくコントロールするための「振り返り」(PDCA)ですが、
ここで2つのレベルの「振り返り」を提唱したいと思います。
それは「組織の振り返り」と「個人の振り返り」です。


「個人の振り返り」なくして「組織の振り返り」ができるはずはありません。
この2つの「振り返り」が連動して自律的な組織の変革につながるのだと思います。


2.クリエイトバリューで目指す組織づくり

前回の「個人の自己実現と組織貢献のマッチング」と
今回の「チェンジ・マネジメントの加速」。
この2つが私が目指したい人材育成と組織づくりのコンセプトです。


1人1人の社員の自己実現を組織活動につなげる動機付けができて、
組織に自律的なチェンジ・マネジメントの力が育てば、
組織の新たな戦略を仮説として作り実践することができるようになります。


人から組織、組織から戦略へと、このような発展を目指して行きたいと考えています。

次回は、組織の変革を率先垂範する「生き生き社員」の人材像について解説してみます。

クリエイトバリュー